アルコールの飲み過ぎには注意

アルコールを飲み過ぎたというのは、アルコールを嗜む方であれば一度は経験あると思います。

 

やはり何でもやり過ぎるというのは良くなくて、これも例外ではありません。

 

例えば良く聞く事件としては、大学生などの飲み会やお花見などでアルコールの一気飲みをした結果、急性アルコール中毒となり死に至るケースなどはよく耳にします。

 

よく少量のお酒を飲んだだけでも体中が赤くなる方が存在していると思いますが、それはアルコールを分解する能力が低い証拠と言われていますので、仮に自分がそうであるなら過度なアルコール摂取は控えたほうが良いと思います。

 

その一方でアルコールというのは適量摂取するのであれば、体に良いということが分かっています。

 

例えば代表的なのが赤ワインに含まれているポリフェノールがありますが、これは強力な抗酸化作用がありますので、美容にはとても良いとされています。

 

その他にもビール酵母なども体に良いので、コップ1杯程度であれば問題無いと思います。

 

しかしながらそれでもお酒を飲んでないとやっていけないという方も数多く存在していると思いますので、そのような方は1週間に1回は肝臓を休める日を作って行った方が、肝臓に負担を掛けない手法なのではないでしょうか。